キャッシングでのリボルビング払いの危険性

MENU

キャッシングのリボ払いとは

プロミス

 

 

◎プロミスのおすすめポイント
・ はじめてなら30日間利息ゼロでキャッシング可能!
・カードレスで利用できるWEB完結申込みもできる!
・三井住友銀行、ジャパンネット銀行の口座があれば、24時間振込融資が可能な瞬フリサービスが利用できる!
・即日融資にも対応!

 

 

>>プロミスの詳細はコチラ

 

 

 

 

モビット

 

 

◎モビットのおすすめポイント
・『WEB完結申込み』なら、 郵送物ゼロ、電話連絡がゼロ!
・即日融資に対応
・14時50分までに振込手続き完了すれば、即日振込融資もできる!
・提携ATMが多いので借入、返済がしやすい
・利用開始までの手続きがスピーディー ※ 即日融資は、申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱になる場合があります。 
※ 即日融資は、申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱になる場合があります。

 

 

>>モビットの詳細はコチラ

 

 

 

 

 

 

キャッシングの返済方法においてリボルビング払い(以下、リボ払い)というものがあります。これは、キャッシングのみならずクレジットカードの支払い方法としてもあるもので、利用したことがあるという方も多いのではないでしょうか。リボ払いの正式名称はリボルビング払いと言い、利用金額に関係なく毎月の支払い額を決めた上で月々支払っていくというものです。

 

こう見ると分割払いと似たような感じを受けると思いますが、分割払いとの大きな違いはリボ払いでは支払い額を決めることが出来るのに対し、分割払いは利用額に応じて返済額が変動するということです。また、リボ払いは後からでも支払い額を変更することが可能ですが、分割払いでは後から支払い回数を変更することは出来ません。この点がリボ払いと分割払いの大きな違いと言えると思います。

 

よって、リボ払いが支払い方法として分割払いよりも優れている点は、支払い時において楽に出来るという点です。しかし。支払い額を低くすればするほど返済回数も増え、その分利息分が加算されてしまうということになります。これがリボ払いの落とし穴になります。

 

どんなに利用をしても支払い額は一定なので、毎月の返済が苦しくなるということはありません。しかし、返済額が一定であるが故に使い過ぎたということを把握しにくく、更に返済期間が延びることで利息分も大きく増額してしまいます。長く返済しているのに元金が全く減っていないということがあるのもリボ払いの大きな特徴と言えると思います。

 

つまり、返済額が一定というだけで、利用すればするほど金利で支払う額がどんどん増えているということになります。ここが分かりにくいのがリボ払いの最も危険なところと言えるでしょう。

 

リボ払いの効果的な利用方法としては、支払いが厳しい時にリボ払いの返済額を下げ、経済的に余裕のある時は返済額を引き上げ出来るだけ早く完済するようにしましょう。一度リボ払いにしてしまうとその後はリボ払いになってしまうのでその点についても注意が必要です。このように、リボ払いは便利な反面大きな落とし穴がありますのでよく確認した上で利用する必要があります。支払いが楽そうだからと安易にリボ払いを指定しないようにしましょう。また、リボ払いを利用する場合は出来るだけ支払い額を小額にせず、経済的に支払える範囲で最も上限に設定することをお勧め致します。

 

尚、クレジットカードの利用においてはリボ払いには以下の4つ種類があることも付け加えておきます。どのタイプのリボ払いかも確認すると良いかもしれません。

 

・事前にリボ払いになるよう登録をし、一括払いを指定しても自動でリボ払いとなる「事前登録型」
・支払った後で支払い方法をリボ払いに変更出来る「利用後変更型」
・店頭での買い物の際にリボ払いを指定する「店頭リボ払い型」
・支払い方法がリボ払いしかない「リボ払い専用型」

 

スピード融資【今すぐお金が必要・お金を借りたい方へ】トップページに戻る